会社案内

社長挨拶

代表取締役社長 富田 雄一

私たち市場の原点といえるのが、江戸時代の野市(のいち)です。現代の青果市場のように、生産者たちが青果を持ちより方々の小売業者が仕入れに来る、という基本的な構図は全く変わりません。そしてもう一つ変わらないもの、それが、商品と同時に情報も集まる、まさに流通の拠点として機能していたと言うことです。

その機能は受け継がれ、日本の経済の発展とともに様々な変化をしてきました。戦後の経済急成長下では、供給量と価格の安定をコントロールし、また、農業技術の発展時には、生産指導と後継者への伝承などにも貢献してきたのです。そして昨今では、産地や小売業態の統合・大型化に対応する仲介役までをも務めてきました。

このように青果市場の役割は、時代の推移とともに変貌を遂げ続けています。しかしその根底にある、どんな時代にあっても不変の役割があります。それは「安心・安全かつ新鮮でおいしい青果を消費者に提供する」と言うこと。私たち東京多摩青果は、そのポリシーを常に念頭に置きながら業務を邁進し続ける所存であります。今後とも変わらぬ御厚情を賜りますよう、宜しくお願い申し上げます。

最後に、インターネットを通して、東京多摩青果と青果市場に対するご理解を深めていただき、ご意見やご感想などお寄せいただければ幸いと思います。

 

 

  • 販促カレンダー

営業カレンダー

2017年8月
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
2017年9月
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
年間カレンダーはこちら